東京都1類B試験を徹底解析!数的処理で8割得点は簡単だ

こんにちは
管理人のけんごです。

この記事では
2020年度東京都1類B試験数的処理を徹底解説したいと思います。

数的処理攻略道場では受験自治体の過去問を解きこむことを推奨していますが実際に、過去問からの出題はどの程度なのか?徹底的に解説していきます。

※この記事の最後には、2020年度東京都1類Bの解説PDFを載せておきますので、必要な人は参考にしてください。

 

 

管理人けんご
管理人けんご

こんな方にメリットがあります

都庁を受験予定の方
・公務員試験に合格したい

 

 

これから書いてあることを理解できていれば、
都庁への合格に必要な勉強時間は半分程度になること間違いありません。

 

合格へ必ず良い影響を与えますので、参考にしてください。

 

 

① 意外と見えない都庁採用試験の秘密

 

早速ですが
都庁の数的処理で最も大切なコツをお伝えします。

 

それは
その自治体(東京都1類B試験)の過去問からの出題が7割~8割を占めることです。

 

冗談抜きで事実です。

 

年度によって多少変わりますが、具体的な毎年の傾向は

 

・過去問とほぼ同様の問題(7割程度)
・過去問の知識+aの応用力が必要な問題(2割程度)
・過去に出題がなく、新傾向の難しい問題(1割程度)

 

という具合です。

この後、2020年度の問題を実際に1問ずつ見ていきます。

 

②【解説】東京都1類B 2020年度数的処理 

では早速見ていきましょう。

問題を下記の通り分類していきます。

【A】・・・過去問とほぼ同様の問題(7割程度)
【B】・・・過去問の知識+aの応用力が必要な問題
・・・過去に出題がなく、新傾向の難しい問題

 

No.1

 

【A】
例年通り。図を条件に沿って埋めるだけ。

 

No.2

【A】
リーグ戦の問題。2019年にも類似問題あり。

 

No.3

【A】
平成21年、平成22年、平成25年、平成26年に類似問題あり。

 

No.4

【C】新傾向。問題自体は難しくないが、ひらめきが必要。

 

No.5

【B】
平成17年の問題の応用で解ける。
特別区でよく出題されるが、都庁では稀な問題であった。

 

No.6

【C】新傾向。2020年度1番の難問。捨てでよい。

 

No.7

【B】
面積の問題が2問出題されるのは稀。しかし、過去問対策していれば問題を解くこと自体は簡単。

 

No.8

【B】
三平方の定理を使用して簡単に解くことができる問題。
三平方の定理を利用して解く問題は都庁の過去問によくあるので、その知識応用で対応可能。

 

No.9

【A】資料解釈、実数の問題。例年通り。

 

No.10

【A】資料解釈、増加率の問題。例年通り。

 

No.11

【A】資料解釈 構成比の問題。例年通り。

 

No.12

【A】資料解釈 実数と増加率が組み合わされた問題。

資料解釈の4問は毎年変化しません。
①実数、②増加率、③構成比、④実数+増加率

 

管理人が把握してる範囲だと平成15年度試験から毎年この傾向は変わってないです。選択肢のパターン、必要な計算パターンも殆ど同じです。

 

得点の稼ぎどころ。

 

No.13

【A】
平成20年度にほぼ同様の問題が出題されている。
その問題を知っていたら10秒で解けた問題。

 

No.14

【B】
立体の展開図の問題。
平成17年、18年、24年の展開図の問題を解く知識で対応可能。

 

 

No.15

【C】
新傾向。問題は簡単であるが、国家公務員試験に見られる問題で都庁としては初であった。

 

No.16

【B】
円の転回。平成20年、平成26年の知識で対応可能であった。

 

③ 講評

 

2020年度東京都1類Bの試験傾向は、こんな感じだ。

【A】【B】【C】の出題数をまとめると、下記のようになります。

 

【A】過去問とほぼ同様の問題 16問中8問
【B】過去問の知識+aの応用力が必要な問題 16問中5問
【C】過去に出題がなく、新傾向の難しい問題 16問中3問

例年と比較すると、【A】の問題が1~2問少ないように思えるので
若干難化しているのでないかと考える。

 

しかし、注目してほしいのは過去問さえ解き込めば
16問中13問の問題を対応できてしまうということだ

 

 

この記事を読んで、過去問から出題割合の多さに驚くと思いますが、これでも2020年度東京都1類B試験は過去問の焼き直しが少ない年度でした。

 

過去問の重要性が理解できるかと思いますので、あなた自身の勉強へも
何が合格に必要なのか考えなおしてもらうきっかけになれば嬉しいです。

 

✐まとめ✐

 

細かいことを色々と書いてきましたが一言でまとめると

数的処理対策は、受験する自治体の過去問だけ解きこめ!

 

これが僕がお伝えしたことの全てです。

 

管理人けんご
管理人けんご

まずは受験自治体の過去問を解けるようになれ!

それ以外はそのあとで良い。

 

 

解説のダウンロードはこちらから

 

冒頭でお話しした、2020年度東京都1類B試験の問題・解説のダウンロードはこちらから。

 

・【問題】2020年度東京都1類B (数的処理のみ) 
※試験問題は東京都HPからもDL可です。本PDFはそれを編集したものです。

・【解説】2020年度東京都1類B 解説(数的処理のみ)

 

数的処理攻略道場の数的処理対策

 

数的処理攻略道場では、徹底的な過去問分析に基づいた数的処理対策講座を提供しています。
下記に過去問分析についての資料を公開しているので、ぜひご覧になって下さい。

 

試験傾向の理解は合格に役立ちます!

【主要自治体 傾向把握シートを配布中】

 

公務員試験合格を目指すのに
試験傾向を知ることはとても大切なことです。

 

数的処理攻略道場では
主要自治体(特別区・都庁・国家一般・国税・地方上級)の

 

自治体別に数的処理の出題傾向を公開しています。

↓    ↓    ↓

傾向把握シートを見てみる

 

 

これを使用すれば
誰でも勉強を改善して、合理的に合格点を狙うことができます。

 

ダウンロード期間が終了したら消すので

お早めにどうぞ!

 

ぜひ活用してください。

今回は以上です。ありがとうございました!

 

この記事もメリットがあります

 

コメント