公務員試験インフルエンサーとの上手な向き合い方

こんにちは
管理人です。

 

最近のtwitterでは
公務員試験インフルエンサー増えてきましたよね。

 

 

他にも、合格者さんが質問を受け付けていたり
当たり情報発信者が出てくるかもしれません。

 

私自身も情報発信者の1人ではありますけどね。

 

色々な情報を加味できる反面
情報が多すぎるんですよ。

 

今回は

情報多過になりつつあるSNSとの向き合い方をお話しします。

 

 

この記事を読むことで

あなたはSNSによって、余計な不安を抱えることはなくなります。

 

直接的な部分では公務員試験と関係ないですが
気分転換にぜひ見てください。

 

 

 

① 情報多過による選択疲れ

 

心理学の大著である「選択の科学」(シーナ・アイエンガ―/文藝春秋)
で紹介されている内容をお話ししましょう。

  

 

この著書によれば

人間は大量の選択にされされると、「選択疲れ」をひきおこし
意志力を消耗することがわかっているとのことです。

 

ショッピングモールのスーパーにて
大量の商品を棚に入れた場合と、少量の商品を棚に入れた場合
どちらが顧客が商品を買う確率が上がるか、という実験がありました。

 

実験の結果
少量の商品を棚に入れた場合の方が、商品を買う確率が高かったのです。

 

これは、大量の商品を目の前にすると、選択肢の多さからどれを買えばいいか悩んでしまい
結果として決断疲れを起こしてしまったからだという説明がついています。

 

決断疲れの結果エネルギーを消耗してしまい
買うという決断にはいたらなくなってしまった、ということです。

 

大切なのは

人間は大量の選択肢があると実行を絞れなくなる。ということです。

 

 

② SNSの情報は絞れ

 

 

「暗記科目の勉強はこうやれ」
「休憩時間はこうやって取れ」
「面接対策はこれが良い」

 

SNSの発信者は様々な情報を提供してくれますし
それを受け取るのはあなた自身です。

 

ただね、
発信者の言うことが100%正しかというと、そうではないわけです。

 

・ポジショントークである
・内容自体は正しくても、あなたにとっては正しくない
・前提から間違っている

 

なんてことも考えられるわけですよ。

 

③ 妄信するな、検証せよ

 

じゃあどうすれば良いのかというと

「検証」ですよ。

 

 

その情報があなた自身にとって有益なものなのか
実際に確かめようとする主体意志が大切になります。

 

公務員試験って精神的につらいことが多いので

上手くいっている人の意見とか、講師の意見って
どうしても気になっちゃうじゃないですか。

 

別に合わなければ、無視すればいいんですよ。
あなたにはあなたのやり方があります。

 

 

例えば、管理人は
某インフルエンサーが提唱する「正文化」は合いませんでした。

 

 

効率悪くて仕方がない。

「普通に答え見れば良いんとちゃうか?」

というのが感想でした。

 

 

それでも、合う人には合うんだと思いますし
その人は実践して良い結果を出せば良いんだと思います。

 

 

これは僕の発信もしかり。

 

 

あなたが、情報収集する目的は何でしょうか?
公務員試験に合格することですよね。

 

 

・周りに振り回されて軸がぶれる
・情報収集自体が目的となる

 

 

そんなことにならないように
お願いしますよ。

 

 

管理人けんご
 

まとめ。

 

 

合わない情報は無視でいい

 

 

 

④ 試験傾向の理解も合格に役立ちます!

【主要自治体 傾向把握シートを配布中】

 

 

公務員試験合格を目指すのに
試験傾向を知ることはとても大切なことです。

 

 

数的処理攻略道場では
主要自治体(特別区・都庁・国家一般・国税・地方上級)の

 

自治体別に数的処理の出題傾向を公開しています。

↓    ↓    ↓

傾向把握シートを受け取る

 

 

これを使用すれば
誰でも勉強を改善して、合理的に合格点を狙うことができます。

 

ダウンロード期間が終了したら消すので

お早めにどうぞ!

 

ぜひ活用してください。

今回は以上です。ありがとうございました!

 

この記事もメリットがあります

 

 

 

 

 

コメント