国般一般職数的処理の傾向と合格を手にする勉強法

こんにちは
管理人です。

今日お伝えするのは
国家一般職 数的処理の勉強法です。

 

国家一般といえば
国家総合職より難易度が低いにもかかわらず、国家運営に係る業務に携われる職務です。

 

公務員試験は全般的に面接重視の流れですが
国家公務員は依然として筆記試験重視の傾向があります。

 

ある意味、勉強さえできれば内定を得られるのが国家一般職の特徴です。

 

面接試験は運もありますから、

絶対公平な環境である筆記試験の得点比率が高いので
受験性にとって魅力があります。

 

「面接に落ちて、結局公務員になれなかった…」

 

ということが珍しい自治体ですから、
毎年多くの受験生が受験しています。

 

国家一般職の試験は6月の上旬に行われることが多いので
5月の上旬に行われる特別区試験を受けている受験生も多いです。

 

5月までは特別区向けの対策をしていて
特別区試験終了後から1カ月で国家一般の対策に切り替えるのも

 

大きなな労力がかかると思います。

 

そこで今回は

特別区受験生が
国家一般職に試験で得点するための勉強法

 

をあなたにお伝えします。

 

 

この記事を読めば、あなたは

今までの勉強を活かしつつ
国家一般職試験 数的処理攻略へ向けた勉強法を知ることができます。

 

逆に読まないと

中途半端な対策で、本試験を迎えてしまうかもしれません。

 

 

管理人けんご
 

こんな人はメリットがあります。

・国家一般職 数的処理の傾向を知りたい
・特別区対策に集中していて、国般対策には不安がある。
・国家一般職の教養試験の得点を伸ばしたい。

 

ぜひ目を通してください。

 

 

 

① 数的推理

 

数的推理については、文章題の出題がほぼ100%です。

 

特別区は約数の問題などで
解答法さえ知っていれば得点できる問題が出題されますが

国家一般職では、その類の問題の出題率は低くなります。

 

しかしながら、問題の難易度自体は
特別区と差はほとんどありません。

 

問題文が長く、複雑に見えることもありますが
問われていること自体は、そこまで難しいもではありません。

 

特別区の文章題が解けるのなら、さほど苦労はしない分野になります。

 

また、平面図形の面積を求める問題が毎年1題出題されています。

 

② 判断推理

 

 

判断推理については
特別区とほぼ同じような問題が出題されます。

傾向にもさほど変化はありません。

 

情報の整理⇒場合分け

の手順さえ破らなければ、解ける問題がほとんどです。

 

※判断推理の解き方については、以下を参照してください。
https://suutekishori-doujou.com/sutudy-handannsuiri/

 

出題数が多いので、得点を稼げると強い分野です。

 

③ 空間把握

 

空間把握については、特別区と傾向が異なってきます。

特別区では見られた、難易度の易しい軌跡の問題の出題が見られなくなります。

 

折り紙、立体の切断、体積比 …等が頻出ではありますが
広い範囲から満遍なく出題されており、かなり難易度が高いです。

 

特別区の問題から、問題の難易度はワンランクアップすると考えてください。

 

ただ出題数は少なく、ほかの受験生も難問については解けないので
基本問題について得点できれば、まずまずでしょう。

 

④ 資料解釈

 

毎年3問の出題ですが
特別区と国家一般では、資料解釈の傾向は大きく異なえいます。

 

特別区の資料解釈と国家一般の資料解釈は
別科目と言っても遜色ないレベルで求められる能力が全く異なってきます。

選択肢の内容もかなり綿密に作られていて

一見正解に見える選択肢も罠であることがありますし
資料の読み取りにも、かなりの労力を要します。

 

国家一般職の空間把握を見て難しいと感じるなら
資料解釈の3問ついては得点できないと厳しいです。

 

空間把握と資料解釈のどちらでも得点を落とすと
得点ロスが大きくなつので

 

綿密な対策が必要な分野になります。

 

 

必ず、国家一般職の過去問を使って対策して下さいね。
他自治体の過去問では、傾向が異なるので無意味です。

 

 

以上が国家一般職の数的処理傾向なります。

 

 

 

管理人けんご
 

国家一般職 数的処理傾向まとめ

数的推理・判断推理については、特別区と大きな変化なし
空間把握・資料解釈難易度増
・空間把握と資料解釈の共倒れは回避しよう。

 

世間一般では、国家一般はかなり難しいといわれますが

管理人個人的には、そこまでの難易度の差はなく
特別区の問題が解けるなら、短期に集中対策すれば対応できる程度の難易度と感じています。

 

国家一般職の数的処理をあきらめている人は
もう1度確認してみてくださいね。

 

合格への第一歩は試験傾向の把握から!

【主要自治体 傾向把握シートを配布中】

 

 

公務員試験合格を目指すのに
試験傾向を知ることはとても大切なことです。

 

数的処理攻略道場では
主要自治体(特別区・都庁・国会一般・国税・地方上級)の

 

自治体別に数的処理の出題傾向を公開しています。
もちろん国家一般職・数的処理の傾向も入ってますよ。

↓    ↓    ↓

傾向把握シートを受け取る

 

 

これを使用すれば
誰でも勉強改善して、合理的に合格点を狙うことができます。

 

ダウンロード期間が終了したら消すので

お早めにどうぞ!

 

ぜひ活用してください。

 

本日は以上です。
ありがとうございました

 

 

コメント